水道の水漏れの修理を自分で行う基準

水道の水漏れを自分で行う場合、可能かどうかの基準を目安に判断する必要があります。特にトイレ詰まりや蛇口の水漏れ等は、自分で修理しやすいトラブルとも言われており、実際に多くの人が自分で修理を行っています。ただし、判断がつかない、あるいは自分でできる自信がないという人は、決して無理はせず、すぐに専門業者に相談することが賢明です。単純なケースだったにも関わらず、適切な処置ではなかった場合には、より状態を悪化させて費用も時間も多くかかってしまう結果になりかねません。

■水漏れがまだゆるい場合

蛇口からの水漏れがチョロチョロと伝う、またはポタポタと落ちる程度であれば、直せる可能性が高くなります。考えられる原因としては、ナットが緩んでいる、中のパッキンが破損、故障しているということが考えられます。緩んでいる箇所をしっかりと締め直したり、破損や故障が確認できる部品については交換を行うことで修理が可能です。蛇口の部品が着脱できるかどうかも確認し、部品の取り寄せができるようであれば交換修理ができます。
ただし、水漏れがひどく噴き出ているような場合には、目に見える水漏れの箇所以外にも別に破損が起こっている可能性があります。このようなケースはしっかりと調査をする必要がありますので、業者へ依頼するようにしましょう。自信もなく修理を行うと、漏れがひどくなったり、水道の機能を失う恐れもありますので、よく分からないまま行うことは避けましょう。

■詰まりの原因がはっきりしている場合

トイレットペーパーを大量に流してしまった、子供がおもちゃを誤って落としてしまった等、原因がはっきりしているトイレ詰まりの場合は、対応がしやすくなりますので自分で修理しやすい事例となります。
トイレットペーパーの場合は、水に溶ける素材で作られていますので比較的詰まりを解消しやすいトラブルですが、大きな異物を落とした時や、築年数が古い家で、配管が古く中の汚れや劣化が原因である場合には、対応が難しいと判断されます。

■まとめ
水漏れ修理やトイレ詰まりを自分でできるかどうか、状態や原因によって判断する必要があります。自分でできるようであれば、DIYに挑戦してリーズナブルに早急に対応することが可能です。ただし、原因がはっきりしない、またはひどい水漏れの場合には、すぐに調査に来てもらえるように専門業者に連絡をとりましょう。無料調査をしてくれる水道 修理業者がお勧めです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ