水道蛇口の修理方法

キッチンやお風呂場の蛇口の水漏れを自分で修理できると判断できた場合には、早急に対処するようにしましょう。まずは蛇口の種類と、蛇口のどこから水漏れしているかという点を確認します。それにより蛇口 交換などの修理方法が異なりますので、きちんと状態を把握することがポイントです。水漏れに気付いた時点でスピーディに修理をして、綺麗に直して気持ち良く使えるようにしておきましょう。

■蛇口のタイプは2種類

現在、家庭で使用されている蛇口のタイプは大きく2つに分かれており、シングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓になります。シングルレバー混合水栓の場合は、その名の通りレバーが1つだけで、上下や左右にレバーを動かすことで水量や水やお湯の切り替えを行うことができる蛇口のことです。ハンドル混合水栓は、古いタイプの蛇口となり、冷水や温水の2つのレバーを動かしてお湯の量や水温を調節するタイプです。
今の主流はシングルレバー混合水栓となっており、新築の家はほぼシングルレバー混合水栓と言って過言ではありません。DIYを行う際にもこのシングルレバー混合水栓を扱うことがほとんどとなりますので、修理方法についてもこちらのシングルレバー混合水栓を知っておくと良いでしょう。

■シングルレバー混合水栓の修理方法

まずは、作業の最中に水が出てこないように水道の元栓を閉めておきます。シングルレバー混合水栓のレバーのネジをドライバーで外し、レバーを外します。ネジが見当たらなければキャップを外し、中にありますのでレバーを同様に外します。レバー下の部品をレンチ等で取り外すと、カートリッジが現れます。吐水口の水漏れの場合はカートリッジ交換で解決できます。
更に下の部品を取り外すとパッキンが現れますので、向きや溝に合わせて交換を行います。部品の交換が済んだら、取り外した時と同じ向きになるように部品を再び取り付けます。部品はメーカーによって形状が異なりますので、きちんと確認をして取り寄せるようにしてください。以上でシングルレバー混合水栓の修理は終了です。

■まとめ
水道の水漏れの症状が軽く、かつ部品が手に入る場合には自分で修理ができる可能性があります。いずれにせよ、水漏れが発生してからできるだけ早い対処をすることが大切ですので、部品をネットショップで取り寄せる等して水漏れ状態を長引かせないようにしましょう。自分でできれば手間を少しかけるだけで費用も安く済みますので、自信がある方はぜひ挑戦してみてください。ただし、無理はしないことが肝心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ