トイレの水道詰まりを修理する方法

トイレにおける水のトラブルのひとつである詰まりを自分で修理する方法はいくつかありますが、代表的な修理方法としてラバーカップの利用が知られています。ラバーカップとは、半球の形をした黒いゴムに棒が刺さっているものです。このラバーカップで吸い出す方法に加えて、初心者向けの修理方法としてバケツの水やぬるま湯、パイプクリーナーを使ったお勧めの修理方法があります。

■バケツの水やぬるま湯を使う方法

トイレットペーパーを大量に流してしまった場合には、バケツの水やぬるま湯を使った方法が効果的です。本来水に溶ける素材でできていますので、塊になって詰まっている可能性があります。まずは高い位置から細い滝のようにジョロジョロと水を落とす方法を試してみましょう。この時に水を一気に流さないことと、便器内の水位を下げておくことがポイントです。
または、50度くらいのぬるま湯を便器に入れてしばらく置いておく方法もお勧めです。重曹がある場合はぬるま湯に混ぜて便器に入れると更に溶かす効果が高まります。ぬるま湯は熱ければ良いという訳ではなく、高温過ぎると便器に良くありませんので、温度は守るようにしてください。

■ラバーカップ・真空式パイプクリーナーを使う方法

多くの人がまずイメージする水道詰まりの修理方法であるラバーカップを使用する際は、便器の周囲に水が飛び散らないように、ビニールシートの真ん中に穴を空けてラバーカップの棒を通してから作業を行います。
便器内の排水口に、できるだけ隙間が生まれないようにラバーカップを当てて、排水口にゆっくり押し付けたら、勢いよくラバーカップを引き抜きます。何度かこの動作を繰り返して、排水が穴に向かって引き込まれるようになれば成功です。真空式パイプクリーナーは、ラバーカップのポンプ付きのような物ですので使用方法はほぼラバーカップと同じです。吸引力が強い為、より強力に吸い出すことができます。

■まとめ
トイレの水道詰まりは、バケツの水を流し入れたり、ぬるま湯を入れてしばらく置いておく、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを用いてある程度行っても改善が見られない場合はすぐに停止しましょう。詰まりが悪化すると余計に費用がかかってしまう恐れがあります。いつまでたっても水位が変わる気配がなかったり、詰まりの原因が分からない、または水溶性ではないものの場合には、すぐに専門業者に連絡をして相談、あるいは無料見積もりに来てもらうことをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ